ようちえん

ようちえん

年中めだかになって

年中の2学期がスタートして、早く行こう!と私の準備を待ってくれる息子。 ほぼ毎日、石や土やシュロの葉っぱがお土産だった年少。 アリから蛙、カナヘビへと生き物への興味がでてきて、そして友達との関わりを息子のペース...
ようちえん

自然の中で

子どもたちが過ごしている森の中は美しい。木々の合間から差し込む光、きらめく葉っぱに可愛い実、それからさまざまな生き物。自然こそが子どもたちを育んでくれている感覚になる。一旦森に入れば日々の喧騒からは別世界。 次男がこどもの庭...
ようちえん

こにわ生活折り返し!

こにわに入園してあっという間に1年半が過ぎようとしています。 入園したころの娘はまだほっぺがぽっちゃりしていて、母の私がお当番に入るとくっついて離れず困っていました。 しかし気がつくと、体が引き締まり、...
ようちえん

安心できる場所

めだか(年中)の息子は入園前までは、 人前であいさつや返事も できないくらいの人見知りでしたが… こ庭に入り、「お腹空いた人手を挙げてー」とみんなに大きな声で呼びかけたり、 自分の考えを友だちにはっきり伝え...
ようちえん

幸せな子育て

幼児教育は、 自然の中で、子どもの世界を見守るのが1番!!と思っていて、こにわに入りました! しかし! 大好きなお当番や保育後の子どもとの時間は、見たくないものも見たり、葛藤したりもします。 他にも母のやることなど...
ようちえん

全力で今を生きる

毎日の送迎に保育当番、その他諸々… なんだかなんだ慌ただしい日々だけど。 それでもここを選んだのは いつだって無我夢中な姿を間近でずっと見ていたかったからだと思う。 大笑いして、怒って、泣いて 走り回...
ようちえん

親子で「こにわ」を楽しむ

子どもの庭に入園した息子も 年長さんになりました。 保育に入ると、去年できなかった事が息子のペースで出来るようになっていて、その姿を近くで見守ることが出来る幸せ。 自然を季節を感じ、おひさまさんに見守られ...
ようちえん

母の悩み

「森のようちえんって、毎日お弁当作るんでしょ?」 「一緒に行かなきゃいけないんでしょ?」 「大変―!!すごいねー・・・」 「よくやってるねぇ…」 ってお友達からよく言われるので、 「う、うん…」って、私。 ...
ようちえん

プレゼント

小さな身体に大きなリュックを背負って山を下りてくるあなた。私を見つけると満面の笑みをみせてくれる。近づくと「ママ、ママ!」とポケットからいろいろ出して私にくれる。あなたから私へのプレゼント。最高だね!ハニカミながら、嬉しそうに今日の収穫物...
ようちえん

子どもってすごい

心のこもったあたたかい入園式からはじまった森のようちえん生活 登園初日の息子は送り届けて少ししてから母がいない状況を認識しずっと泣いて過ごしました そうだよねずっと一緒にいた母と離れるのは寂しいし不安でいっぱいだよね お...
タイトルとURLをコピーしました